FC2ブログ
北島守幸 オフィシャルサイト http://moriyuki.net
5月18日に2泊3日の主な行程を終え
諫早市に行革の嵐を吹かしてやるぞとの強い志
(などではないが、とにかくよく勉強した3日間ではあった)

愛妻愛子の待つ長崎空港へと飛び立つ直前
アクシデントは起きた。

(後で考えてみると)

理由1・搭乗口番号の勝手な思い込み
   (おおきく外れてはいなかった)

理由2・出発時刻の曖昧な記憶
   (キップを見れ!!太く書いてある)

理由3・待ち時間がありすぎて喫茶店に行き
    そこを出た後、土産を買う人等と別れ
    1人で早めに待合場所へ行った。
   (理由1へ続く)

理由4・(これは少しショック)
    3列ほどななめ後に、同僚議員2名がいた。
   (これで、すっかり安心してしまった。)

理由5・週刊誌を買って、そこそこ興味のある記事を読み込んだ。
    そして、うとうととした。次の瞬間。


「アレッ?」周りの異変。

 変な胸騒ぎ。

搭乗口は「103」なのに私は「107」or「108」の前。

でも~~っ、ななめ後の同僚議員、IさんとUさんが―――
「いない!!」

あわてて、走る

「あのう、長崎便はぁ?」

「もう、搭乗手続きを締め切りました。」

「どうして・・」

「時間が過ぎてます」

時計を見ると出発時刻とちょうど同じ「15:55」

「もうだめですか?」

「ダメです」きっぱりした返事。


私のお隣は半泣きの若き母親
「乗せてぇ」と、くいさがっている。
4~5歳くらいの子供はキョトンとしていた。

「困るんです~」「定刻です」

「困るんです~」「ダメです」

きっぱりしている。
自分のことはともかく、この親子がかわいそうになった。

幸い1時間後の飛行機で無事長崎に帰れました。

「行革委員 失格!!」同僚議員のみなさんご迷惑をおかけしました。
世話をしてくれた事務局職員2名さま
ホントにホントに「す・み・ま・せ・ん・でした<(_ _)>」
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://morinn.blog46.fc2.com/tb.php/12-1f0367d7