FC2ブログ
北島守幸 オフィシャルサイト http://moriyuki.net
年に何回か乗る飛行機は着陸少し前が楽しみだ。

つい先日もふるさとを空の上からたっぷり楽しんだ。

飛行機は空港に降りる際すべてかどうか知らないが
島原半島の南はしを大きくカーブして橘湾へ入り
有喜港あたりから多良見上空へ
そしてまっすぐ大村湾を通って滑走路へ降りるようだ。

この日は雨の多い季節にもかかわらず良く晴れた日で
午後6時ごろではあったが夏の日はまだ
すべてを明るく鮮明に見せてくれた。

体をのり出すと左方向に喜小、喜中が並んで鎮座し
旧役場(現支所)高速道路、ゴルフ場、国道34号、個々の家々、車
すべて本当にきれいに見えた。

残念ながら我が家は真下あたりの為見えなかったが。

今は使われなくなったゴミ焼却場のちょっとシャレた煙突も
木々の緑とマッチしていた。

大村湾は波ひとつなくまさに「琴の海」らしき顔で私を出迎えてくれた。


若き日の7年ほどをのぞき私はずっと同じところに住んでいる。
今はなき両親も地元の生まれで
やはりこの飛行機の通る真下あたりで一生を終えた。

母はなんと幅1mあるなしの道を隔てた隣りの家から嫁いだ人だ。
親の決めた結婚であったとか。

かつて純農村地区であったふるさとも大きく様変わりし
私など中学のとき牛をひいて草を食べさせたことなど
自分自身が「夢の中の話?」と思ってしまう。

大村湾に注ぐ海岸線は、年中我らの遊び場で
海沿いの雑木林にひみっか(秘密の家)を作ったり
岩場も砂浜もあって流れ着くいろんなものに
時に大興奮したものである。

これからも住み続けるであろうふるさとが
いろんな人の目にこんなにきれいな絵として映っていることに
とても幸せな気持ちになった。


旅の終わりに着陸態勢に入ったら
飛行機の窓から目を凝らして下を見ていただきたい。
ひょっとするとその飛行機を
ボケッと見上げているおじさん(私)がいるかもしれない。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://morinn.blog46.fc2.com/tb.php/14-ab236c74