FC2ブログ
北島守幸 オフィシャルサイト http://moriyuki.net
蒸し暑くて 久々に早起きした。
5時前だった。

1才の息子も寝苦しいらしく 大きな声で泣いていたが
またすぐ カワイイ顔をして眠りについた。
妻が小さい声で子守唄を歌っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の夜は次女のクラス合宿とやらにちょっと顔を出した。

一生懸命子供たちに語りかけている担任の先生。
の割りに、子供たちは 暑いのか眠いのか だれていた。
今どきの中学生だなぁと思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝から新聞を読み、広告をながめた。
ふと目をやると「日本遺族通信」
がテーブルのはしにあった。
これは2ヶ月に1度くる会報誌で
見かけは新聞である。

表のメイン 8月15日の小泉首相「靖国参拝」
このことには 今日はふれない。

裏面、左上に常設コーナーがある
題は「愛しきものへ」
戦地で散った方々の遺書が掲載されている

内容もさることながら年令が若い、若すぎる
今回の方は17才、マニラ南方海上にて戦死、とある

内容は、戦地で散る覚悟、お母様に対する思いが語られ
お姉様に対しては「お母様をお願い致します。」の文の後に
「お母様のことは頼むが、お姉さんも早く結婚して
安心させてやることを望んでいる。」とある。

このお姉さんは、いくつだったのだろうか
ご「老齢」とあるお母様は、この時いくつだったのであろうか

蒸し暑い朝が一段と重くなる。


と、時計を見ると6時20分過ぎ
小5の息子を起こし、ラジオ体操へやる。
すっと起きて、眠ったまま出て行った。

今日は長女が夏のイベントの為帰ってくる。
のぞみ公園で歌うのだ。

「お金がない」と催促のあった長男へ
入金もしなければならない。
市役所支所へも出かけなければならない。

あれこれ考えているうちに
眠ったまま出て行った次男が、起きて帰ってきた。



少し涼しい風も吹いてきた。

1日のスタートだ。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://morinn.blog46.fc2.com/tb.php/15-53829495