FC2ブログ
北島守幸 オフィシャルサイト http://moriyuki.net
2月上旬、議会内会派の研修で国会等を見学しました。
思えば12年ほど前も、多良見町議(当時)として国会を見学しました。

12年と言う歳月は、一緒にいたメンバーをすべて変え
案内していただいた方を、その方の親分(言い方が下品でしょうか)の国会の先生を変え

当時、小さかった私の子供が2人も今は東京人として
毎日を活き活きとすごしている現実からして
結構月日が経ったんだなあという気がします。

ただ議事堂及び建物なんかは12年程度では、何の変化もありません。
堂々とまさに堂々と、冬ではありますが青々とした空のもと
大東京の真ん中に君臨している様は「すごいなぁ」と
田舎物の私は、広い広い国会前の広場で感動していました。

この時期は、首都圏の小学校5,6年生の国会やら裁判所やらの見学が
よく組まれているらしく多くの小学生たちと一緒になりました。

田舎物のおじさんは、子供にすぐ話しかけます。
「どこから来たとぉ?」いやいや「どこから来たのぉ?」
「面白かねぇ?」いやいや「面白いいっ?」等々
標準語に直しながら語りかけます。

すぐ返事をしてくれる子もいますが、仲間でひそひそと
「あやしいオヤジ風」なニュアンスも感じられたり・・・・・。

そしてテレビでみかける大先生も普通に廊下を歩いていたりすると
ひとりまた感動してしまいます。
こんなところにいるとリアルタイムで国は動いているんだなぁと
これまた深い感慨がありました。

同僚のM議員に頼んだ、携帯での写真撮影は「保存」なる処理を忘れて
1枚も撮れてなかったり。

東京という大都会、日本の国、それを動かす人
どのポジションかは別として忙しいそうに動き回る人
優しく案内してくれる人
いろんな事を、花の東京で思いました。
スポンサーサイト



パパブログおめでとう。
がんばって、続けてね!
ひびきんよりv-207

2006.02.16 10:23 URL | ひびたんママ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://morinn.blog46.fc2.com/tb.php/4-37401bed