FC2ブログ
北島守幸 オフィシャルサイト http://moriyuki.net
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
九Pこと、PTA九州大会は楽しかった。

その第1は「大畑先生」の話が聞けたこと。
この方との最初の出会いは、3年前の県P島原大会でのこと

とにかく元気のいい先生で、初めて入った島原復興ドームに響き渡る声
体つきもしまっており、壇上を右に左に身振り手振りで動き回り講演
声が大きい、熊本弁のまくしたてがいい

「奮闘努力」せよ、との言葉に私はいたく気に入って
いろんな挨拶の中で使っているところだ。

さて、今日は縁があったなぁとつくづく思ったのは
分科会が10に分かれている中で私に与えられたその分科会の
講師として先生が来られたこと。

内容をまったく知らなかったゆえ
いきなり舞台に立たれた先生を見た時、驚きと感動が一緒になって
そのちょっと前までの眠気(隣の前田氏いわくしっかり眠っていて、
パイプ椅子がギイギイいっていたらしい。)がふっとんだ。

「あいさつ」がすべて大きい声、反復連打気味。
いい話であった。その証拠に一般席からの質問は
大畑先生に限られた。


私は思う。OA機器もインターネットもいいが
今、人が子供たちが求めているものは
この先生に代表される「気迫」
体当たりの付き合いではなかろうか

「奮闘努力」は、するかいがあると思う。



スポンサーサイト
2010.11.09 14:21 | 日記 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。