FC2ブログ
北島守幸 オフィシャルサイト http://moriyuki.net
「桜咲く、このよき日に・・・」
今日は、入学式。今頃こんな口上で挨拶をする人はいないが
それにしても、桜が満開で気持ちの良い1日だった。

午前に小学校。午後に中学校。
来賓の方々も、昼飯をはさんで忙しい1日となる。

PTA会長を務める喜々津中では「あいさつ」をしなければならず
一応文章も考えていった。

あまりに桜がきれいだったので、「桜」の話をいれようかと思ったが
下手に壇上で即興をやると、慣れてないので「全体をくずす」と判断しやめた。

夜、娘に感想を聞くと
「ヘンなところで言葉を切るので聞き苦しい」とのこと、ガックリ。

私の口調は聞き苦しいらしい。なーんだ。
文章以前の問題だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、大学時代は応援団に入ろうかと思ったくらい
校歌とか応援歌の類が好きだ。

社会人1年生の時、熊本でとてもきれいな女性を職場の同僚から紹介されて
三井グリーンランドへとドライブした。

カーステレオには、小林旭のカセットが1本しかなく
「演歌は嫌い」とのことで、いろんな話の間に小学校から大学までの
「校歌ならびに応援歌を歌ってやりました」とさーーー

それが直接の原因でもなかったのだろうが
2度とその人とデートすることはなかった。
(悲しい過去である。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は戻って、午前中の喜々津東小では
「多良の遠根が呼んでいる~~っ」と
軽快なリズムの校歌を大声で歌ったら

ピカピカの1年生が、キョロキョロおじさんの方を見ていた。
不思議だったらしい。
中学校でも、大声で歌った。

考えてみれば、いい年をして母校の歌を公式の席で大声で歌えるとは
なんと幸せなことだろうか。

新1年生と、桜と、いい天気のおかげで
春のとても気持ちのいい1日となった。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://morinn.blog46.fc2.com/tb.php/8-984d322c